日本の歴史学習魅力楽しみ方

とにかく日本の歴史が大好きです。特に幕末から明治維新にかけての時代が最高に好きです。 今現在住んでいる場所がかつて幕末から明治維新にかけて、一番の原動力とり影響力を一番発揮した薩摩藩直轄地であった鹿児島市です。この鹿児島市は歴史好きの私にとってはとにかく刺激的で大変魅力的な街なのです。 薩摩藩といえば、まず誰しもが思い浮かべるのが西郷隆盛でしょう。それに大久保利通や篤姫などといったところでしょう。NHK大河ドラマの影響もあり、この三者は大変有名かと思います。 ただ歴史好きな私から言わせれば、この三者ほど有名ではなくとも、この三者に負けず劣らず歴史上の数々のターニングポイントで功績を残し、その影響力を大きく及ぼした人物が数多く薩摩藩にはおります。 その代表格は何と言っても島津斉彬でしょう。江戸時代後期から幕末にかけての外様大名で、第11代薩摩藩主でありますが、この方はとにかくその当時からもいわれていましたが、「名君」の名にふさわしい傑物です。 先の西郷隆盛を挙げましたが、正直西郷隆盛がここまで有名になったのはこの島津斉彬の功績によるものです。むしろこの島津斉彬との出会いがなければ、間違いなく西郷隆盛はここまで有名になりえることはなかったでしょう。 西郷隆盛は生まれも育ちも下級武士の家柄で、特に上下関係の厳しかった薩摩藩においては冷遇される立場でありました。しかしそんな西郷隆盛を引き抜き、歴史の表舞台へと立ち上がらせたのはこの島津斉彬のたぐいまれな先見の明によるものです。 西郷隆盛が郡方書役時代に農民の苦しい生活状況を嘆願書のように手紙にしたため、何度も上層部へと送り付けたのですが、それら手紙の内容とともに西郷隆盛の存在自体が島津斉彬の目に留まり、その秘めたる素質を見出し、御庭方役というそれまでの下級武士では考えられない大抜擢を受けます。 そのことがきっかけとなりその当時の将軍継承問題へと発展していくのですが、その中で西郷隆盛は数々の実績を残していきます。時には島津斉彬直々に内密の伝令を受け取ることすらあり、まさに島津斉彬の手となり足となり日本全国を駆け巡るのです。 ただ英雄は短命であり、この揺れ動く時代の中島津斉彬は体調不良によりこの世を去ります。満49歳という年齢でしたが、その死因については一説では暗殺説もささやかれることがあります。 いずれにせよ間違いなく日本の行く末を案じてその先に起きうるであろう出来事を予見し、その時代にすでに様々な改革を行っていくのですが、それら斉彬の先見性の正しさを証明されるのは悲しきことに斉彬本人が亡くなった数年後のことになるのです。 まさに歴史上における最大の傑物であることは間違いありません。

イビサクリーム安全

家庭菜園(市民農園)おすすめ野菜や料金

もうかれこれ7年以上になりますが、趣味として家庭菜園にはまっています。 今現在は市民農園を3年更新の契約で借りていますが、小さい畑ながらもいろんな種類の多くの数の野菜を収穫して楽しむことができます。 春にはじゃがいも・春キャベツ・たまねぎ、夏にはトマト・ミニトマト・ナス・ピーマン・パプリカ・おくら・キュウリ・かぼちゃ・枝豆、秋にはじゃがいも・サツマイモ、冬にはキャベツ・白菜・長ネギ・小松菜・ほうれん草・大根・ニンジンなどこれまで栽培してきました。 もちろん他にもまだあるのですが、挙げだしたらきりがありませんし、それほど農家の方でもない素人でも育てることが可能なのです。 この市民農園を利用した家庭菜園は、意外とお得なのです。市民農園の利用料は年4,500円程度で利用できますが、一見この値段を聞くと少々高いと思われるのかもしれません。しかし以前近所のスーパーで販売している野菜の価格を見て驚愕したことがあります。 7年目ともなるといろんな種類をある程度失敗なく安定して作れるようになるため、正直言って我が家ではある程度の一般的な野菜は買うものではなく収穫してくるものだと思っています。そのため妻もさほどスーパーで購入することも少ないようです。 ただスーパーで販売している野菜の価格を見て、びっくりします。高いのです。一度夏に限ってですが、データを取ったことがあります。上述の通り、夏にはかっず多くの野菜がい収穫できます。それら野菜の種類と収穫量を記録し、その数量をスーパーでの販売価格に換算し比較したところ、びっくりしました。 夏だけでとれた数多くの野菜を集計したところ、年利用料4,500円を大きく上回っており、十分すぎるぐらい元を取っておりました。一年間の1/4シーズンだけで元を取っていたのですから、春・秋・冬までもし集計した場合はとんでもなくお得ということになります。 もちろんそれ以外の経費も考慮しなければなりません。たい肥・化成肥料、畑までのガソリン代、その他消耗品など野菜作りにかかるその他費用もありますが、それらを含めても間違いなく元を取っています。 ただ野菜作りのだいご味は採算が合うということではなく、種・苗を植え、水やり・肥料やりをかかさず行い、こまめに草を取り、枝を剪定したり支柱で支えたり・・・そんな苦労があった結果やっとできた野菜を収穫する時のあの喜びはたまりません。 子供とも畑仕事をしますが、この収穫の瞬間は子供にっても大変楽しいものです。家庭菜園は生涯やめられない趣味となりました。 ディフェンセラ 副作用

アニメ30代おすすめ感想みどころ

30代でテレビアニメを見ることはどうなのでしょうか? 昨今ではそういう方は珍しくないでしょうがまだまだ公言するには恥ずかしい気持ちがあります。 でも好きなのはしょうがないと思い、私は今日もアニメを見るのでした。 最近のテレビアニメで私が一番放送を楽しみにしているのは「約束のネバーランド」です。 週刊少年ジャンプ連載の漫画が原作でビジュアルのクオリティも高く、続きが気になる終わり方からいつも楽しませてもらっています。 あらすじは孤児院で育てられている子供たちが、ある日自分たちが怪物の食料として育てられていることに気付いてそこからの脱出を目指すというものです。 孤児院にはママと呼ばれる大人が一人いて彼女を出し抜いて脱出しようとするのですが、ママも対策を練ってきます。 相手にばれないよう相手を出し抜こうとするのが静かな戦争という感じでたまりません。 先週ではママがついに実力行使に出て主人公のエマの脚を負傷させました。 それだと今までの計画はおじゃんなのでこれからどうするのか気になってしょうがないです。 次に楽しみなのは「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」ですが、こちらは20年くらい前に原作漫画を読んでいるので結末を知ってはいるものの、懐かしさと変わらない面白さから安心して楽しめる作品です。 ついにボスと敵対することになったブチャラティ一行ですがこれから登場するスタンドがどう描写されるのか楽しみにしています。 その次は迷うのですが「ソードアートオンライン アリシゼーション」を挙げることにしましょう。 世界でも人気の近未来SFでなんと今回のアニメは1年ぐらい放送するそうで近年には珍しい長期放送なので応援していきたいですし、原作小説を読んでいないので結末を知らないのでいつも楽しみにしています。 他には「どろろ」「ケムリクサ」など今期は良い作品がたくさんあって毎日が楽しいです。 あと劇場版アニメも観に行きました。 先月は「劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」 �U.lost butterfly」を観に行ったのですが、アクションシーンが凄いですし主人公士郎とヒロインの桜が心と体を重ねるところがたまりませんでした。 三部作の二作目なのでそこで終わり!?という感じでしたが続きが気になってしょうがありません。 原作ゲームをプレイしているため結末は分かっているのですがそれでも楽しみでしょうがないのでした。 今月は「劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  オリオンの矢」を観に行ったのですが、こちらは劇場版ゆえに作画のクオリティは良かったのですがシナリオは今一だったのでもう少し練って欲しかったと思いました。

山菜取り(採集)つくし料理子供

もうすぐ春がやってきます。 春が近づいてくると、子供の頃の思い出がよみがえります。 小学校時代住んでいた場所が大変自然にあふれた環境で、春先には家の近くの山や原っぱに行ってはいろんな山菜を採っていました。しかも祖母が山菜にとにかく詳しい人だったので、いろんな種類を教えてもらいながら、採って持って帰り、いろんな調理方法で料理をして食べさせてくれました。 どんな山菜かといえば、代表的なもので言えばわらび・つくし・ぜんまいなどですが、そのほかにもタラの芽・いわじしゃ・ノビルなどなど・・・すべての名前を覚えてはいませんがいまだにはっきりと覚えているものも多数あります。 その記憶がしっかりと残っているので、我が家の子供たちに散歩したり山に出かけたりしたときに、それら山菜を見かけた時に「これは食べることができるんだよ」と教えてあげると大変びっくりします。 ちなみに一番代表的で春先によく見かけるつくしですが、子供のころは正直食べていました。つくしなんてものは一本見つければそこらじゅうにたくさん育っているので、短時間で大量にとることができます。 採った後は家に持ち帰り調理するのですが、その下準備としてつくしの「はかま」と呼ばれるギザギザの部分をすべて丁寧に手で取り、それらをお湯でゆがいて灰汁をしっかりとり、たまごやニラと和えて炒めて食べていました。 他にも調理方法があります。食べるというのではなくお茶として飲んでいました。おなじくはかまをすべてとり、それらを天日干しにしてからからに乾燥させます。そしてそれらを煎じて粉にしてお湯に溶かして飲んでいた記憶があります。ただとにかくまずかったとしか言いようがなかったのですが、インターネットでその効能を調べると腎臓病の予防効果などがきちんと紹介されており、「つくし茶」として健康茶の一種としてたしかに存在するようです。 子供のころにはそんなことは一切考えたことはないのですが、これも祖母の生きるための知恵だったのでしょう。でもまずかったです。 我が家の子供たちも春先になると登下校の道沿いの生えているのを見かけるらしく、「今日つくしをたくさん見かけたよ」と話します。そういうときは必ずこの子供のころの祖母との思い出話をしてあげますが、とても驚いた顔をします。まさか食べられるとは思いもしなかったのでしょう。たしかにそんなものかもしれません。 もうすぐ温かくなり春が近づいてくると、つくしが土の中から頭を出します。そうなるとまた祖母との思い出がよみがえってくるのでしょう。

Unityできること魅力

Unityという世界でよく使われているゲーム制作のソフトウェアがあります。個人でUnity製ゲームで一定の売り上げがない方は無料で使うことができるので私はありがたく使わせてもらっています。それで作ったゲームでお金を稼げたらいいなと思うのですが、やはりそういうお金をとれるようなゲームは簡単には作れないので気長にやっていくことにしているのでした。Unityはスマートフォン、パソコン、そしてコンシューマーゲーム機と様々なメディアに対応でき、3Dと2Dのどちらのゲームも作れるので非常に便利です。私はまず2Dで円形の画像が他の円形の画像から逃げるシンプルな鬼ごっこゲームを作りました。スマートフォンでやれるようにし、他の人にプレイしてもらったらシンプルで中々面白いと言われ、これはいけるかもとスマートフォンで配信してみたら何人もプレイしてくれる人が出てコメント投稿もしてくれる人も出て嬉しかったです。でも広告をつけてみたけどもその売り上げはさっぱりでした。次はRPGに挑戦してみたのですがやはりシステムや画像の作成が大変で結局挫折してしまいます。かなりモンスターの画像を描きためていたのでそれが無駄になったのは非常に残念でいつか再利用したいと思っているのでした。それからまた2Dの鬼ごっこゲームを作っていたのですが、これは違うと思い3Dゲームを作ることにします。やはり3Dは2Dよりも扱うための要素が多くて大変なのですが、それゆえに未来があると思い日々学んでいます。Unityにはアセットストアというゲームの素材を売買できるサービスがあり、そこでは無料で使えるものもたくさんあって、特にUnityの日本法人が提供しているユニティちゃんという人型キャラクターはデザインやアニメーションのできが良くて私も愛好させてもらっているのでした。そしてその人型モデルにアニメーションをさせるにはAnimatorという機能を使うのですが、その設定が面倒で使いこなせるようになるまでかなり苦戦します。さらにそれを起動するためのコードも面倒なのですが、今の時代プログラミングは必須ともいえるのでその練習と考えてこちらも学んでいますが、検索してその解説を読んでも理解できない機能があってまだまだ勉強が足りないなと思うのでした。そしてUnityでゲームを作る楽しみは他にもあり、それはYouTubeやニコニコ動画などの動画サイトで自分以外の人のUnityでのゲーム制作動画を見ることです。色んな人が頑張っているのを見ると心が温かくなりますし、Steamなどで販売開始したと聞けば応援のために購入してみたりするのでした。私もいつかSteamでパソコンゲームを販売したいものです。